戸狩温泉スキー場
  1. HOME
  2. 過ごし方

ゲストハウス星の宿での過ごし方の一例

▶仕事終わりに近くのロッカーに置いておいた荷物をもって、新大阪駅の東海道新幹線、東京駅の北陸新幹線に乗る。新幹線もそう遅くない時間に到着可能です。到着後にもちを置いて、直ぐに徒歩1分にある『暁の湯』で体を温めたら、夜の飲食に出かけます。知った顔、初めての顔との再会、そして明日の雪の話に盛り上がる・・・。そんな時間が楽しく思えるのが里山のスキー場『戸狩温泉』


夕食などは、リンクページの紹介にありますように、それぞれの営業時間はありますが、夜遅くまで営業しているお店もありますので、お好きな食事やBARでお過ごしください。

▶︎朝ゆっくり、リフト乗り場の確認をしながら玄関をでたらすぐにゲレンデです。スノボー初心者の方にために本館建物を出た直ぐ上になだらかなスロープがあり、初めての方のための練習できる場所にもなっています。ここで、ビンディングの付け方やちょっとした滑り方を練習して本ゲレンデに移動しましょう。

▶︎朝一番でペガサスゲレンデから上部のとん平に移動すると上部ゲレンデが粉雪舞う別の景色に圧倒されると思います 周囲にある野沢温泉、木島平スキー場などが間近に見え、晴れた日は信濃平が一望できる素晴らしい景色が広がります。
とん平から隣のオリオンゲレンデの移動していくとまたアイテムの違うゲレンデに変わります。スノボーフリーラン初心者にも安心なアイテムコースが今年は2コース用意され技術を磨くにも楽しいコースです。


とん平から隣のオリオンゲレンデに移動していくと、ゲレンデの雰囲気やアイテムの違うゲレンデになります。スノボーフリーラン初心者にも安心なアイテムがあります。

オリオンゲレンデでフリーランコースを滑り、再び元のペガサスゲレンデに戻って、もう一度ゲレンデ上部から直接ペガサスゲレンデを滑り降り、やっと一周を滑ることになりますと約3時間程になります(初心者から中級者)。
ちょっと遅い昼食を星降るレストランの名物カレーを食べてもう一度ゲレンデを滑ったら宿に戻ります 時間的には夕方ちょっと前となります。


早めの空いてるお風呂を堪能したら夜のお楽しみの時間(食べ歩き、飲み歩き、部屋遊び)ですね
このように時間はあっというまに過ぎていきます。
夜の冷えで締まった雪音を踏みしめてギュギュと音を鳴らして歩いたりナイター照明に照らされてゲレンデを滑るのも良いものです。 帰りがすぐ近くというのも嬉しいですよね。
ちょっと遅い昼食は、星降るレストランの「石焼きキーマカレー」を食べて大満足!
もう一度ゲレンデを滑った後、星の宿に戻ります。
時間的には夕方少し前となります。早めの空いている戸狩温泉「暁の湯」を堪能したら、夜のお楽しみの時間(食べ歩き、飲み歩き、部屋遊び)ですね。

このように時間はあっという間に過ぎていきます。
夜の冷たさで一層締まった雪を、ギュギュと音を鳴らし踏みしめながら散策したり、ナイター照明に照らされ幻想的な雰囲気のゲレンデを滑るのもまた良いものです。
宿泊施設までの帰りがすぐ近くというのも嬉しいですよね。

▶︎ロビーでは、皆さんが集える様に今後アイテムも準備されます。 集いの場が出会いの場でもあり、仲間を作る機会にもなることでしょう 星の宿が他と違うのがこの集いのロビーでしょう。
今日どこ滑りました? どこが楽しかったですか?
ゲレンデの情報交換だけでなく、美味しいお店の情報交換も盛り上がり話題となると思います。ロビーからはゲレンデのナイターの光やミニコンビニ、道行く人も見えます。

戸狩温泉スキー場